亜鉛を多く含んだ食品とは

亜鉛を多く含んだ食品とは[亜鉛サプリメントランキング]

亜鉛を多く含んだ食品とは

亜鉛を多く含んだ食品は、牡蠣があります。
亜鉛は、ビタミンCと一緒に摂取することで体内で吸収率が上がり、効果を発揮しますので、
牡蠣にレモンをたっぷりかけて食べるのは亜鉛の充足に効果的です。

亜鉛は、調理により壊れてしまうことが多いので、生食が特に有効です。
牡蠣の他には、牛肉、レバー、うなぎ、ナッツ類に多く含まれます。
牡蠣は毎日は食べられなくても、牛肉は、食事に取り入れやすいですね。

他にものりやきなこ、煮干等にも多く含まれます。
微量でもご飯やパン、麺類、芋類、乳製品など多くの食品にも含まれています。

亜鉛の推奨量は、成人男性で9gm、成人女性で7mgです。
上限は30mgとされており、過剰摂取は、
銅や鉄等の他のミネラルの吸収を妨げたり、排出してしまうのでよくありません。

ですから、よほど継続的に偏食しなければ通常は、
極度の亜鉛不足に陥ることはあまりありません。

亜鉛の吸収率をアップするビタミンCが多く含まれる食材は、
赤ピーマン、めキャベツ、黄ピーマン、パセリ、ピーマン、ブロッコリー、ゴーヤ、レモン、ゆず、柿、キウイ、いちご、パパイヤ、柑橘類等があります。

亜鉛の効果を得るためには、カルシウムやリン、鉄、銅などの
ミネラル類をまんべんなく摂取することが望ましいです。

ホーム RSS購読 サイトマップ