亜鉛の育毛効果について

亜鉛の育毛効果について[亜鉛サプリメントランキング]

亜鉛の育毛効果について

髪の毛の育毛に関心がある人にとっては、亜鉛と育毛とはすでに切っても切り離せない関係だということを十二分に理解しています。それほどに、亜鉛と髪の毛とは深い間柄なのですね。

 

そんな亜鉛の育毛効果についてまとめてみましょう。

 

亜鉛がなければ意味がない!

髪の毛を作っているのはたんぱく質ですが、実は亜鉛がなければどんなに良いたんぱく質をせっせと摂取しても髪の毛を成長させることにはつながりません。

 

たんぱく質は髪の毛の99%を占める物質ですが、これは正確にはケラチンたんぱく質という種類です。私たちが食べ物として摂ったたんぱく質は、体内で再合成されて使える形のたんぱく質になるわけですが、この再合成の段階でケラチンたんぱく質を作るのに亜鉛が必要となります。

 

つまり、亜鉛が無いとケラチンたんぱく質は作られず、髪の毛にもならないということになりますね。たんぱく質を大量に食べても一向に髪の毛にならないのでは、まったく意味がありません。

 

細胞分裂にも亜鉛が必要

髪の毛が成長していく過程では、無数の細胞分裂が行われます。
髪の毛は「角化した細胞の集合体」と言われますが、これが爪も同じですね。

 

成長させるには何度も細胞を分裂させて数を増やして行く必要があるのですが、この時にも亜鉛は欠かせない原料となります。

 

そのため、亜鉛の足りない体内では髪の毛がすぐに抜けてしまったり、白髪になってしまったり、髪の毛自体が細くひょろひょろとしたものになってしまったりして充分な成長が見込めません。

 

現代人は1日の必要亜鉛量の半分程度しか摂取出来ていないと言いますから、髪の毛の悩みが増えるのも当然なのかもしれません。

 

キューティクルも作っている

亜鉛は、髪の毛の表面を保護するキューティクルというたんぱく質にも関係しています。

 

キューティクルが無いと髪の毛の内部からたんぱく質そのものや水分などが外に漏れだして、髪の毛が弱ってしまったり抜けてしまったりするダメージにつながってしまうのですが、亜鉛はこのキューティクルを守るコラーゲンを作るはたらきがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ