ミネラルが体に必要な理由

ミネラルが体に必要な理由[亜鉛サプリメントランキング]

ミネラルが体に必要な理由

ミネラルウォーターや、食品に含まれているミネラルは
何故体に必要なのかを検証してみます。

ミネラルの必要量は、微量なのですが、
体からミネラルが欠乏すると健康を害してしまいます。

ミネラルというのは、直訳すると鉱物ですが、
ここでの意味は、人間の体を構成する元素のことをいいます。

人間の体に必要な3大栄養素は、タンパク質、脂質、炭水化物です。
それらにビタミンとミネラルを加えて5大栄養素と呼びます。

どれも人間の成長や体調維持に必要不可欠で、
欠乏すると新陳代謝が低下し、長期的に欠乏した場合は病気の原因になります。

ミネラルは、体内で合成して作り出すことができないので、
食べ物や飲み物から摂取するしか方法がありません。

しかし、現代社会においては、ファストフードやインスタント食品、
加工食品等でミネラル不足になりやすいのが現状です。

さらに、ハウス野菜や養殖した動物性タンパク質等が多く、
食材自体のビタミンやミネラルが減少しています。

そこで、ミネラルウォーターや、栄養補助食品等で
不足する栄養素を補う必要があるのです。

ミネラルは、ひとつだけを集中的に取って偏ることは望ましくありません。
摂取したミネラルが偏っている状態は、拮抗作用を起こします。

ひとつのミネラルを多く摂取することにより、他のミネラル分が
吸収されにくくなったり体外に排出される現象が起こってしまうのです。

ミネラルには、カルシウム、鉄、リン、亜鉛、銅、マンガン、セレン、コバルト、ニッケル等他にもたくさんの種類があります。

不足すると、骨粗鬆症、動脈硬化、歯槽膿漏、低血圧、糖尿病、ガン、腸閉塞、血栓症、疲労、貧血、動脈硬化、生殖機能障害など
書けばキリがないほどあらゆる病気を引き起こす原因になります。

ミネラルがいかに体に大切かお分かり頂けると思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ